山梨で膝の痛みと坐骨神経痛・ヘルニア・交通事故治療で選ばれるももたに整体院の為になるブログ

ももたに整体院

土日・祝日営業しています
山梨市上石森のオギノ山梨店から車で1分

住 所
山梨県山梨市上石森1457-1
営業時間
08:30~19:30
08:30〜18:00

ももたに整体院のブログ

【膝専門整体師が教える】膝の水を抜いてもまた水が溜まるのはなぜ?

    • 山梨の膝の痛み
    • 山梨の膝まわりの症状

こんにちは。山梨で唯一の「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。変形性膝関節症などの疾患を発症したときに、膝に水の溜まるケースがあります。 病院や整形外科などでは、溜まった水を抜く処置をおこなうこともありますが、しばらくするとまた溜まってきてしまいます。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。   膝に水が溜まる原因 ・膝以外の他の関節や筋肉が上手に使えなくなっている場合 ・膝以外の他の関節の歪みやズレにより体全体の重心がずれている場合 この二点が大きな原因なんです、日常生活でのお膝にかかる負担で関節に炎症が起きてしまい、それが長い期間続くことで変形性膝関節症か水が溜まる事になってしまいます。 今から、変形性膝関節症や何故水が溜まるのか、なぜ炎症が起きるのか、解決法をお伝えしていきますね。   変形性膝関節症ってなに? 膝に水が溜まる代表的な疾患としては、変形性膝関節症があげられます。加齢や筋力の低下、骨盤の傾きなどが原因で膝に負担がかかり、膝に水が溜まったり、膝に痛みが出たりする疾患です。 農家のお年寄りをイメージしてもらうと分かりやすいのですが、長年にわたって農作業をおこなっている方の背中は丸くなり、それにともなって足がO脚気味になってきます。 O脚になると膝の内側に負担がかかることとなり、そこにカルシウム沈着が起きて「骨がトゲみたいに尖る(骨棘)」を形成すると、痛みが生じるとされているのです。   なぜ膝に水がたまるの?   膝に水が溜まる原因について解説する前に、そもそも膝に溜まる「水」とはなんなのかについて知っておきましょう。当然のことながら、蛇口をひねったときに出る水とは異なっています。 膝関節は、3つの骨から構成されています。いわゆるすねの骨(脛骨)の上に、太ももの骨である大腿骨が乗っていて、大腿骨の前面には俗にいう膝のお皿(膝蓋骨)があります。 膝という部分は日常生活でよく動作する関節であるため、関節内で起こる摩擦や衝撃を減少するための、優れた仕組みがあります。 膝関節を構成している骨にはそれぞれ、軟骨と呼ばれる水分の多い骨が付着しています。その軟骨がクッションの働きを果たすことで、膝関節にかかる衝撃を減らしてくれるのです。 また、膝関節は関節包と呼ばれる袋状の器官に覆われており、その中に関節液と呼ばれる液体があります。関節液には、関節をスムーズに動かす潤滑油としての働きがあります。 つまり、膝の水とはこの関節液のことを指すわけです。変形性膝関節症を発症すると、膝の痛みや炎症を和らげ、膝関節をスムーズに動かそうとして、関節液の量が増えるのです。   関節の炎症はなぜ起こるのか? 関節の水が増えるのは、関節の炎症を抑えるためということはご理解頂けたと思いますが、そもそもなぜ関節の炎症が起こるのか?ということが一番の問題です。 関節の炎症が発生し続ける限りは、関節液も増え続けます。そしてひどい場合は定期的に膝の水を抜いてもらわないと痛くて歩けないほどの状態に陥ってしまいます。 水を抜くということよりも、そもそも「関節の炎症が起こらないように」しないといけないはずです。それにはやはり「なぜ関節の炎症が起きるのか」をしっかり理解してその原因を取り除く必要がありますよね。 膝の関節が炎症を起こす主な理由は、実は膝自体に原因がない場合がほとんどです。膝の関節は体の関節の中で、一番体重の負荷がかかりやすく体重の負荷が1点に集中する関節です。膝の柔軟性と合わせて、足裏の骨や股関節の柔軟性などが噛み合って膝が上手に機能し人間の重心を支える役目を果たすのですが、股関節の柔軟性が失われていたり、足裏の骨の柔軟性が失われることにより、体重の負荷分散ができなくなってしまい、その負荷が一気に集中してしまうのが膝の関節です。 もう一度言いますと、膝の炎症の本当の原因は ・膝以外の他の関節が上手に使えなくなっている場合 ・膝以外の他の関節の歪みやズレにより体全体の重心がずれている場合 この2点の原因により膝へのストレスが高まって、膝関節全体に負荷が生じ、炎症が起こってしまいます。 そして、その負荷を支えようと頑張って無意識に膝関節周囲の筋肉や、太ももの筋肉などが異常に固くなりさらに膝の痛みは悪化していきます。 膝の炎症を起こさないような体に戻すということが、膝の炎症を抑えるには唯一有効的なアプローチになります。 膝の水を抜くよりは根本的な原因の解決を! ここまでの説明で、なぜ膝の水を抜いてもまた水が溜まるということを繰り返すのかについては分かって頂けたことと思います。火事になったら消火活動をおこなうように、膝の炎症が起きたら、水を出して炎症を抑えるということです。 つまり、膝の水は必要だから出ているわけです。確かに、あまりにも大量に溜まってしまった場合、外科的に抜いたり注射をしたりすることが必要なこともあります。 ただ、膝に水が溜まる根本的な原因を取り除かない限り、また膝に水が溜まることとなります。膝に水が溜まらないようにするには、膝の内側にかかる負担を取り除くことが重要です。 当院には、今まで4歳から100歳までさまざまな年齢層の患者さんが来られていますが、それだけ施術がソフトで安全だということでもあります。 「もう年だから仕方がない」「死ぬまで痛みと付き合っていくしかない」とあきらめている方、ぜひ一度、ももたに整骨院の治療を受けてみてください。  

山梨整体選び〜危険な整体院にご注意!|山梨県 ももたに整体院

    • 山梨の整体

こんにちは。山梨で唯一の「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。腰痛や膝痛などがあると、病院や整形外科、整骨院などを受診するのが一般的だと思います。 それでも改善がみられない場合、整体院で施術を受けることもあると思います。ところが、整体は国家資格ではないため、整体院によって知識や技術に大きな差がみられます。そこで今回は、整体院の選び方について、国家資格保持者の治療家として専門家から見てどのような整体院がオススメなのか?をお伝えできればと思います。   整骨院と整体院との違い 整骨院と整体院は同じようなものだと思われがちですが、両者には明確な違いがあります。最大の違いは、整骨院は国家資格を持つ柔道整復師によって施術がおこなわれますが、整体は国家資格ではありません。 全国にはさまざまな整体スクールがあり、独自のカリキュラムを組んで整体師を育成しています。そして、学校を卒業すると、整体師として働くこととなるのですが、その資格は民間のものでしかありません。 簡単にいうと、フラワーアレンジメントの資格や臨床心理士の資格と同じです。もちろん、フラワーアレンジメントで世界的に活躍している人もいますし、心療内科系の疾患を得意とする臨床心理士さんもいます。 それと同様、民間の資格ではあっても、たくさんのクライアントさんが頼りにしている評判の整体師さんもいます。ただ、整体師はその気になれば「誰でもなれる」ものなので、どうしても玉石混淆となるのです。 一方、柔道整復師は3年間かけて生理学や解剖学など、人体に関する基礎知識をしっかりと習得し、その上で国家試験に合格しないといけません。そのため、どの整骨院であっても一定水準の治療は受けられるのです。     こんな整体院には気をつけよう 他の整体院を貶めるつもりは全くないのですが、皆さんの大事なお身体とお金、そして通院する時間を損なわないために、専門家から見た判断基準をお伝えします。 まず、このご時世にホームページがない整体院は、実際に通っている人の口コミを聞いてから行った方がよいでしょう。また、行くたびに施術してくれる人が変わる整体院も問題です。 チェーン展開している整体院などでは、60分2980円など激安なところもありますが、中には研修期間が3日で患者様の施術にあたるというような危険な整体院もありますし、施術者が日本人でないケースもあります。 整体院を決める際には、インターネットなどの口コミを見てからにするといいのですが、口コミサイト等の場合、集客のために業者に頼んで口コミを投稿してもらっている整体院もあり、実際に施術を受けてみてがっかりというケースもあります。   ももたに整骨院の強み ちなみに、当院ももたに整骨院の院長は、国家資格である柔道整復師の免許を持っているので、人体の仕組みについて深く理解した上で整体の施術をおこなっています。 なぜ柔道整復師なのに整体をおこなっているかというと、保険診療では痛みの本当の原因を取り除くのに限界があるからです。 保険診療の場合、「骨折・脱臼・打撲・ねんざ」の4つしか診ることができません。骨折や脱臼の場合、ほとんどの方が整形外科に行かれるので、整骨院で見られるのは実質、打撲とねんざのみということになります。 当院に来院される患者様の特徴は、「整形外科や他の治療院に通ったが、それでも改善が見られなかった」という、お身体のお悩みの深い患者様がほとんどです。しかも、長期的に悩まれている方が多く、そのような患者様の症状を根本改善に導く施術を得意としています。 特に山梨では、地域柄もありますが、農作業など体を酷使しながらも症状を抱えている方も多く、かといって仕事を休むことができず無理しつづけさらに症状が悪化されるという方が多いです。 そのような方は、整形外科での診断で湿布や電気治療などを行っても症状の改善が見られない場合が多く悩まれていらっしゃいます。 ほとんどの腰痛患者さんや膝痛患者さんは、長期にわたって痛みに悩まされています。そんな方の悩みを、ももたに整骨院では「根本から」取り除く為の治療を得意としています。   施術と体の使い方のセルフケアのアドバイスで再発しない体づくりへ 治療と合わせて当院が力を入れているのが「再発しない体つくり」です。お身体の症状を改善させる為に、患者様はお金とお時間をかけて治療に向き合われています。 せっかく治療に通ったのに、またすぐに症状が再発するのであれば、そもそもその治療に対する時間とお金が無駄なものになってしまいます。 当院では、1回1回の施術で症状を改善する施術をご提供することと合わせて、再発させない為の普段の体の使い方やセルフケアのアドバイスにも力を入れています。 長期化するお身体の痛みや辛い症状は、普段の体の使い方のクセなどを改善できれば再発しない体に改善することが可能です。 症状の軽減だけでなく、症状が出ないような体つくりのための根本的なアドバイスが受けられるというのが、当院が目指す「良い治療院」の基準だと思っています。 山梨で長期化する症状でお悩みの方は、ぜひ一度当院の施術を体験頂ければと思います。 もし当院に通えないという遠方の方は、整体院の選び方の基準として、当院の考えを参考に整体院を選ばれることをオススメします。 参考になりましたら幸いです。  

むち打ち治療|山梨で交通事故治療県内トップクラスのももたに整体院

    • 山梨の交通事故治療

こんにちは。山梨で唯一の「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。むちうちの治療はなるべく早くおこなった方がよいのですが、実際には頚椎カラーを用いて固定したり、痛みどめを飲んだりするケースが多いようです。 ただし、むちうちの治療は実はかなり難しい部類の治療で、自覚症状がほとんど無い場合や、痛みが引いたと感じられる場合でも、数年後に痛みが再発し一生の後遺症が残るケースもあります。 テレビで有名な「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹さんも、交通事故ではないですが学生の頃のむち打ちが原因でその後30年以上も経過して、手術を受けるほど後遺症に悩まされたというエピソードは有名です。 参考:尾木ママ、古傷悪化で入院&手術 25日に退院予定 https://www.oricon.co.jp/news/2040901/full/   そこで今回は、むちうちの治療を早くおこなった方がよい理由と、当院でおこなうむちうち治療のメリット、そして、交通事故後の対応について紹介したいと思います。   むちうちってなに? むちうちの治療について解説する前に、まずは「むちうち」とはなんなのかについて知っておきましょう。むちうちとは俗称で、医学的にいうところの「傷病名」ではありません。 医学的にみた場合、むちうちは「外傷性頚部症候群」や「頚椎ねんざ」、「頚椎椎間板ヘルニア」や「頚椎症性神経根症」といったさまざまな診断名がつけられることとなります。 なぜ「むちうち」と呼ばれるようになったかというと、車などで後ろから追突されたときに、頭が大きく前後に振られ、その動きが鞭のようであることがその理由となっています。 むちうちの特徴としては、症状がすぐに現れるとは限らない、ということがあげられます。交通事故のときには何ともなくても、2、3日後、もしくは1週間、1ヶ月後に現れることもあります。 むちうちの症状は実にさまざまで、首の痛みや肩の痛み、頭痛やめまい、吐き気やおう吐、手のしびれや意識障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)など多くの症例があげられています。 むちうち後の治療について 病院や整形外科では、むちうちと判断した場合、頚椎カラーを用いて安静にしたり、痛みどめを用いて痛みを抑えたりします。ところが、頚椎カラーで固定することによって、症状が悪化するケースも多々あります。 頚椎カラーで首を固定してしまうと、頚部の筋肉が緊張してしまい、それが頭痛やめまい、肩こりや吐き気につながってしまうのです。 本当は、むちうちを発症したらすぐにでも首の筋肉を緩めてあげた方がいいのです。実際、当院に来られる方のほとんどが、病院や整形外科の治療では治らなかった、もしくは悪化したとおっしゃっています。   ももたに整骨院でのむちうち治療 ももたに整骨院では、「筋膜リリース療法」という独自の技術によって、筋肉の緊張を緩めていきます。マッサージや指圧のようにグイグイと強い力で圧迫することがないので、筋力の弱い女性やお年寄りにも安心して施術を受けて頂けます。 また、山梨県内では非常に珍しい「DRT」という施術法も取り入れています。DRTは自然治癒力を高めるための施術法で、背骨を調整することによって自律神経のバランスを整え、それによって免疫力を高めることができるのです。 この二つの治療アプローチを軸にし、レントゲンやMRIでは診断できない筋肉のストレスやズレ、頸椎の微細なブレなど、交通事故の外的ダメージをじっくり見ていきます。 筋肉や微細なズレを骨格全体から判断する施術は、整形外科では行われません。この診断によりご本人には自覚症状がない場合や、時間差で出てくる症状も事前に見極め治療を施すため、根本治療をおこなうことが可能です。 つまり、筋膜リリース療法によってその場で症状を改善させ、また、自然治癒力を高めるDRTをおこなうことによって、家に帰ってからもどんどん症状が改善していく身体に導くために、時間差ででてくる症状や後遺症も残らない根本改善へ導く施術が可能になります。 ももたに整骨院は交通事故後の対応にも強いです 当院では弁護士と連携して、交通事故案件へのご相談に対応しています。また、当院における自賠責保険施術負担料は0円です。他院からの転院もOKなので、ぜひ気軽にご相談くださいね。  

ヘルニアの辛い痛みや痺れに効く!ヘルニアのストレッチはこれが効果的!|山梨県 ももたに整体院

    • 山梨のヘルニア

こんにちは。山梨で唯一の「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。腰痛や肩こりをお持ちの方で、病院や整形外科を受診したら「ヘルニアですね」と言われた方もいらっしゃると思います。 ヘルニアで手術が必要なケースはまれですが、病院やクリニックでは痛み止めをもらうだけで、なかなか根本から治らないということもあると思います。そこで今回は、ヘルニアに効果的なストレッチを紹介したいと思います。 ヘルニアってなに? ヘルニアは、正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、首に見られるヘルニアを「頚椎椎間板ヘルニア」、腰に見られるヘルニアを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼んでいます。 首・肩のこりや痛み、手のしびれ、腰痛や足のしびれを訴えて病院を受診すると、画像診断の結果、「椎間板ヘルニアの疑いがある」と言われるケースがあります。 なぜ「疑いがある」という言い方をするのかというと、ヘルニアが出ているからといって、必ずしも痛みやしびれと結びつくとは限らないからです。 特に、腰椎椎間板ヘルニアの場合、手術が必要となるようなケースはほんの数%です。つまり、ヘルニアが出ていても、痛みやしびれの原因はほかのところにあるケースがほとんどだという訳です。 ヘルニアによる痛みの本当の原因 もし、ヘルニアによって痛みやしびれが現れているのであれば、症状は四六時中出ていることとなります。ところが実際には、朝起きたときに症状がひどくて徐々に痛みが緩和したり、夕方になると痛みが出てきたりと、その症状は実にさまざまです。 朝起きたときに症状が強いケースに関しては、寝ている間に筋肉が冷え、血行不良が起こっている可能性があります。 また、夕方になると痛みが徐々に増してくるケースは、疲労による筋緊張によって、神経圧迫の起こっている可能性があります。 いずれにせよ、症状が出ている場所には必ずと言っていいほど血行不良がみられます。そのため、血行不良を改善するストレッチが効果的なのです。 ヘルニアを改善するのに効果的なストレッチ あらかじめお断りしておきますが、症状が本当にヘルニアのせいで出ているのであれば、ストレッチはあまりお勧めしません。特に頚椎椎間板ヘルニアの場合は、医師の判断を仰ぐようにしましょう。 今回紹介するストレッチは、腰椎椎間板ヘルニアと言われたものの、実際には血行不良や筋緊張によって痛みやしびれが出ているケースにおすすめのストレッチです。 腰痛や足のしびれが出ている場合、神経の通り道のどこかで筋肉が緊張し、神経を圧迫しています。そして、その神経とは坐骨神経であることが多いです。そのため、坐骨神経の通り道沿いの筋肉をストレッチングしてあげましょう。 もっとも簡単なストレッチは、仰向けに寝て、膝を抱えるストレッチです。坐骨神経の通り道沿いの筋肉を緩め、股関節の可動域を広げることで、腰痛や足のしびれの緩和につながります。 このストレッチで症状が軽く感じられる場合はヘルニアではなく筋肉に原因がある 今回ご紹介するストレッチは、ヘルニア症状による原因か、筋緊張による症状かを見極めるにも有効です。 もし、今回のストレッチを行って少しでも症状が軽く感じられる場合、背骨周囲の筋肉や、普段は意識することができないインナーマッスルの筋緊張が原因の可能性が非常に高いです。通常神経を圧迫するほどのヘルニアの場合は、ストレッチを行っただけでヘルニアが引っ込む訳もなくストレッチをした位では症状の改善は見られないはずです。むしろヘルニアが今以上に神経を圧迫する可能性の方が高く、痛みや痺れが増す場合がほとんどです。 ストレッチは主に筋肉の緊張がほぐされる効果があり、ヘルニアや神経まで影響を及ぼすことはありません。ストレッチでヘルニアの痺れの軽減を実感される場合は、筋肉の過度な緊張をほぐす保存療法が有効と判断できます。 ヘルニアでストレッチをおこなう際の注意点 ヘルニアでストレッチをおこなう際には、痛みの原因がヘルニアかそうでないかを確認することが重要です。本当にヘルニアが原因で痛みが出ている場合、ストレッチによって悪化することがあります。 もし、痛みやしびれがヘルニアに由来しているものかどうか判断できない場合は、ぜひももたに整骨院にご相談ください。国家資格を持った院長が丁寧に応対いたします。  

あなたのヘルニアは手術をすれば完治するのか?|山梨県 ももたに整体院

    • 山梨のヘルニア

こんにちは。山梨で唯一の「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。腰痛を訴えて病院やクリニックを訪れた人の中には、レントゲン検査やMRI検査の結果 医師「検査の結果、ヘルニアが出ているから神経を圧迫して痛みが出ているので、手術が必要ですね」と言われた方もいらっしゃることと思います。 実際に手術を要するヘルニアはごくわずかなんですが、ヘルニアを完治させるには手術が必要なのでしょうか。また、ヘルニアが本当の腰痛の原因なのでしょうか。 ヘルニアとは 一般的にヘルニアと呼ばれている疾患は、医学的には「椎間板ヘルニア」と呼ばれています。背骨の1つ1つを椎骨といいますが、椎骨と椎骨との間に椎間板というクッションのような部分があります。 椎間板に偏った負荷がかかることによって、中から髄核が飛び出し、それが神経を圧迫することによって、痛みやしびれが出ることとなるのです。 頚椎にある椎間板から髄核が飛び出し、肩や首の痛み、手のしびれなどが現れるものを「頚椎椎間板ヘルニア」、腰椎の椎間板から髄核が飛び出し、腰痛や臀部痛、足のしびれが現れるものを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼んでいます。 一般的に、単にヘルニアといった場合、腰椎椎間板ヘルニアを指すケースがほとんどなので、この記事でも腰椎椎間板ヘルニアについて解説していきたいと思います。 手術をすればヘルニアは完治するのか? 実は、手術を要する椎間板ヘルニアは、全体の5%程度だとされています。腰椎椎間板ヘルニアには、「神経根型」と「馬尾型」の2種類があります。 馬尾型の腰椎椎間板ヘルニアは進行が早く、放置してしまうと排尿障害が起こったり、歩行困難になったりすることがあるので、緊急手術が検討されることとなります。 神経根型のヘルニアは半年もすれば自然に治るケースが多く、MRIやレントゲンでヘルニアの現象が確認できる方でも、実は全く痛みやしびれが出ないという方もいらっしゃいます。 椎間板から随核が飛び出ていたとしても、痛みやしびれの自覚症状が無い方もいらっしゃるのも医学的な事実として確認されています。 特に、神経根型のヘルニアの場合は整形外科での治療よりも保存療法の方が治療の効果を実感されている方も多く、整体院でヘルニアの治療が得意な治療院で治療をされると、痛みやしびれが全くない状態にコントロール可能な場合が多いというのが、当院の治療経験の中での実感です。 ただし、神経根型であっても馬尾型であっても、再発のリスクがあるので、どれくらいの期間で完治すると断言することはできません。 ヘルニアの本当の原因を知ろう! 椎間板ヘルニアを発症すると、痛みやしびれなどの症状に悩まされることとなります。ただ、椎間板から髄核が飛び出して神経を圧迫するというのは、現象面を説明しているに過ぎません。 椎間板が圧迫される根本的な原因を取り除かない限り、ヘルニアの症状がいったん消えても、手術をしたとしても、再度ヘルニアが現れることとなります。 そもそも私たちの背骨は緩やかなS字を描いています。頚椎や腰椎はやや前弯しており、胸椎はやや後弯しています。その弯曲のことを「アーチ構造」と呼んでいます。 橋がアーチ構造になっているのは、橋にかかる負担を分散させるためにあります。そして、頸椎や腰椎のアーチ構造も、腰椎や頚椎、椎間板、周囲の筋肉などにかかる負担を減らすためにあるのです。 つまり、頚椎や腰椎のアーチがなくなってくることにより、椎間板ヘルニアを発症するリスクが高くなるのです。逆にいえば、アーチ構造を取り戻すことによって、椎間板ヘルニアの発症リスクを減らすことができるのです。 変形してしまった骨を元に戻すことはできませんが、筋緊張によって弯曲が減少しているのであれば、当院の「筋膜リリース療法」で改善することが可能です。 また、ヘルニアの現象が確認されていた場合でも、痛みやしびれの原因がヘルニアではなく、実は周囲の筋肉やインナーマッスルの過度な緊張による症状だったというケースも多く、整形外科での診断では筋肉まで診断しないため、ヘルニアの方の痺れや痛みの本当の原因が見過ごされているという方もいらっしゃいます。 「ヘルニアと言われて治療をしたけど、いつまでたっても治らない」というような方は、ぜひお気軽に「ももたに整骨院」までご相談くださいませ。  

【整体師が教える】交通事故に遭った時の対応と治療はどうすればいいの?

    • 山梨の交通事故治療

こんにちは。山梨で「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。 八月に入り、学生さんやお子さんたちは夏休みを楽しく過ごしているでしょう。これからは夏の帰省や旅行などで、お車でのお出かけが増えていくシーズンかと思います。 そうなると心配されるのはお車での交通事故です。高速道路や初めての場所など慣れない道を運転する時には、こちらがどれだけ気を付けていても相手からゴツンッと当たられることもあります。 交通事故なんて人生でそう何回も経験するものではないので、みなさん交通事故にあってしまったら、どうしたらよいか分からない方が多いです。 突然の事故のショックで気が動転してしまう方もいらっしゃいます。 ですので、今回は整骨院の立場から「交通事故に遭ってしまった時の対処」と「事故後の治療手順」についてお話させていただきます。   交通事故に遭ってしまった時の対処 交通事故の被害者になってしまった時は、事故現場で次の3つのことを必ず行ってください。   ①負傷者の救護  例え軽症と思われる怪我でも、負傷者がいる場合は救急車を呼んでください。 事故直後は怪我人も興奮し、痛みを感じないことが多く、事故後時間が経ってから痛みが出てくるというケースは珍しくありません。   ②道路における危険防止の措置  道路上での2次被害を防ぐため、事故車を安全な場所へ動かし、ハザードランプを付け、三角表示板や発煙筒などで後続車に事故を知らせます。  ただ、警察が来るまで事故現場を証拠として残しておく必要もあるので、移動前にできればカメラやスマートフォンなどで事故状況を撮影しておきましょう。   ③警察への報告  事故の大小に関わらず、事故の際は必ず警察へ報告しなければなりません。もし、加害者が通報を渋って、その場で示談を申し出てきても、被害者の方は絶対に応じてはいけません。 警察に届けがない場合、後になってむちうちなど後遺症が出てきたりしても、事故によることを証明できなければ自動車保険が使えないからです。 また、事故解決のために相手の身元確認は忘れずに行ってください。 お互いに免許証や車検証を見せて、氏名・住所・勤務先・車種・車両ナンバー・加入している自賠責保険とその他の保険・保険ナンバーを確認します。 もし、相手が名刺を持っていたら、本人確認のために2枚もらっておくといいでしょう。警察への連絡は必ずですが、相手との証明書や住所・連絡先などの交換は警察が来てからでも大丈夫ですので、慌てず対応をしてくださいね。 事故後の治療手順 病院・整形外科への早期受診 交通事故直後は、興奮と動揺で自分の身体の痛みに気づきにくいものですが、自賠責保険は人身事故にしか適用されないので注意してください。少しでも不安なことがあれば、一刻も早く医師の診断を受けてください。   病院では、お身体の痛い所をすべて伝えて診断書に記載してもらってくださいね。  診断書に記載されていないおケガの場所は、整骨院で治療ができない場合があります。   保険会社への連絡 当院が患者さまと保険会社の間に入り、治療を行う旨を伝え、承諾を得ます。 病状の確認 病院での診断結果をもとに、現在の症状などを詳しく検査します。   治療の開始      診断結果の症状と患者さまの関節や筋肉の検査を基に早期回復を目指すためのベストな治療を選択し、患者さまに負担がかからないよう治療をすすめていきます。日常生活での注意事項や、自宅で出来る運動療法などをアドバイスいたします。   治療の終了 痛みや症状が改善したことを確認後、今後の生活面での注意事項をお伝えします。保険会社に改善の報告と示談内容が届きます。 交通事故の場合、治療が長引く傾向が強く、数ヶ月後に痛みが悪化する場合もありますので後遺症にならない為に早期治療をお勧めします。   事故後の治療にあたっては自賠責保険が適用されれば、損害保険会社さんから治療費が支払われます。 この時、損害保険会社さんは、事故による車の破損状態から被害者のおおよその通院期間を示したりします。 被害者が男性なのか女性なのか、若者か年配者なのか、体形、身長、体重・・・。 挙げればキリがありませんが100人いたら100人、身体の状態は違います。  そして身体に入った事故の衝撃は状況によって、当然ひとり一人変わってきます。 一番考えなければいけない事は、重量物がぶつかった時の衝撃の大きさです。   たしかに昔に比べて今の車は衝突安全ボディーの技術は発達しております。 それでも車の重さは軽自動車でも平均して1トン近くあります。 それが例え時速40kmで走ってきてぶつかったとしても、その時の身体を貫く衝撃というのは計り知れません。 今まで私が取扱った多くの事故事例より、それぞれの患者さまのケースに合った損害保険会社さんへの対応のアドバイスも行っていきますので安心して治療に専念する事ができます。 […]

その首の痛みは要注意!首もヘルニアになることがあるのをご存知ですか?

    • 山梨のヘルニア

こんにちは。山梨で唯一の「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。今回は、首のヘルニアについてご紹介したいと思います。ヘルニアというと腰痛や足のしびれをイメージされる方も多いと思いますが、実は首にもヘルニアがみられるケースもあることをご存じだったでしょうか。首の痛みがなかなか治らないという方は、ぜひご覧になってみてくださいね。   首のヘルニアってなに? 私たちが「背骨」と呼んでいるものですが、医学的には「頚椎」「胸椎」「腰椎」に分類されています。頸椎がいわゆる首の骨であり、腰椎が腰の骨です。 腰椎に見られるヘルニアが腰椎椎間板ヘルニアであり、頚椎に見られるヘルニアが頚椎椎間板ヘルニアです。椎間板とは、骨(椎骨)と骨の間にあるクッションのような役割を果たすものです。 その椎間板が上下から圧迫されることによって、中から髄核の飛び出すことがあります。そして、飛び出した髄核が神経を圧迫することによって、首や肩の痛み、手のしびれなどが現れるのです。   頚椎椎間板ヘルニアの症状 頚椎椎間板ヘルニアには、大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目は、首や肩の特定の位置に激しい痛みが出たり、しびれが出たりするケースです。 もう1つは、両手の巧緻運動(細かい動作をともなう運動、針に糸を通す作業や、シャツのボタンを留める作業など)ができにくくなったり、手に力が入りにくくなったり、足にまでしびれが出るようなケースです。 前者の方は頚椎椎間板ヘルニアにともなってよくみられる症状であり、保存療法(安静や保温、マッサージや牽引など)で改善するケースがほとんどです。 後者の場合は症状が急速に悪化する可能性もあるため、可及的速やかに検査、診断をおこなった上、必要とあれば手術を勧められるケースもあります。   頚椎椎間板ヘルニアの治療法 頚椎間板ヘルニアの治療をおこなう際、むちうちの場合と同様、頚椎カラーを用いることがあります。ただ、カラーで首を動かないようにしてしまうと、かえって周囲の筋肉が緊張し、吐き気や嘔吐に至ることがあります。 一般的に、上肢に症状がみられる場合はマッサージをおこなうことで症状の緩和が期待できます。ただし、首は身体の中でも重要な場所の1つなので、十分な知識と技術を持った人間がマッサージをおこなうべきです。 ヘルニアによる痛みがあまりにも強い場合には、痛み止めが処方されることもあります。また、筋肉の緊張を緩めるため、筋弛緩剤が処方されることもあります。 上肢だけでなく、下肢にも症状が出ている場合や、保存療法では症状が改善しないような場合、ヘルニアを取り除く手術がおこなわれます。 首ヘルニアとなってしまう根本的な要因とは? 首ヘルニアの症状が出てしまう最大の要因として挙げられるのは ・ストレートネック ・骨盤の前後左右のずれによる首の位置の突き出し ・背骨の前後の歪みからくる頭の突き出し といった「体の重心の前後のズレによる頭部の重心がずれる」ことにより、頭部の重みが首の1点に集中することです。 人間の頭は約5kg〜8kg程度と言われています。頭の位置が正常な状態であれば、首や背骨全体で頭部をしっかり支えられるのですが、頭の位置が少し前にずれるだけで、実は首や肩に相当な負担がかかってしまいます。 積み木をイメージしてもらえるとわかりやすいのですが、下の土台がずれていると、その上に積み上げようとしても積み木が積み上がらないように、人間の体も足、骨盤、背骨、首と体の基礎となる下半身のズレが、体の丈夫である首に大きな負担に繋がっていることは良くあります。 ももたに整骨院でヘルニアの治療をするメリット 当院では、首のヘルニアとなっている負担の元である、体の基礎の微細なズレを見極め、長年ストレスがかかっている首の根本原因をしっかり把握するのに長けています。 体の基礎部分の股関節、骨盤、背骨、もっというと足裏のズレなど、体の微細なズレを整え、最終的に首に負担をかけている根本原因を見極めることができるから、頸椎ヘルニアの症状を根本改善できるのです。 頚椎椎間板ヘルニアで、実際に手術が必要なケースは全体から見るとそれほど多くありません。ほとんどの頚椎椎間板ヘルニアは保存療法で改善することが可能です。 首のヘルニアが出てしまう要因を見極めることで、保存療法で充分に改善が可能です。手術を勧められるほどの症状でも、そもそも首にヘルニアが出てしまった要因を探り、根本的なヘルニアの要因を改善すれば、首へルニアの症状は手術をする必要もなく改善できる例をたくさん見てきました。腰椎のヘルニアも同様です。 ただし、首は身体にとってもっとも重要な場所の1つなので、熟練した人間によって施術がおこなわれるべきです。ももたに整骨院の院長は柔道整復師の国家資格を持っており、人体の仕組みに精通しています。 また、独自の「筋膜リリース療法」によって、安全で効果的に筋肉を緩めることができます。頚椎椎間板ヘルニアがなかなか治らないという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

膝の痛みの原因がわからない人必見!膝の痛みの本当の原因とは?

    • 山梨の膝の痛み

こんにちは。山梨で「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。長年にわたって膝の痛みがあるのに、病院や整形外科で検査をしても「異常なし」と言われ、痛み止めやシップ、サポーターを渡されるだけ…。 そんなお悩みをお持ちの方、いらっしゃいませんでしょうか。痛みには必ず原因があるものです。では、膝の痛みの「本当の原因」とはいったい何なのでしょう。膝の治療に関するウソ・ホントとあわせて解説したいと思います。   膝の軟骨がすり減るから痛みが出る…ウソ 病院や整形外科で膝のレントゲンを撮って、骨と骨との間が狭くなっていると「軟骨がすり減っているから痛みが出ているのですね」などと言われることがありますが、これは全くの間違いです。 軟骨には痛みを感じる神経が存在しません。そのため、軟骨がすり減ったから膝に痛みが出るということは「医学的にあり得ない」のです。では、なぜ軟骨がすり減って痛みが出るなどということを、膝の専門家である医師が言うのでしょうか。 うがった見方をするなら、それはヒアルロン酸を注射する治療法へと導く目的があるのかもしれません。ヒアルロン酸は軟骨を構成する成分の1つであり、注射することで関節をスムーズに動かせるようになります。 ただ、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分であり、時間が経つと組織に吸収されてしまいます。そうなるとまた痛みが現れて、何度も注射を繰り返すこととなるのです。   コラーゲンを摂取すれば膝痛が治る…ウソ 軟骨を構成しているのは先ほども紹介したヒアルロン酸やグルコサミン、コンドロイチンですが、それらを覆っている膜はコラーゲンによって構成されています。 そのため、コラーゲンを摂取すると膝の痛みが改善するなどと言われることがあります。ただ、国立健康・栄養研究所の調べによると、コラーゲンを経口摂取することで関節の痛みが緩和するかどうかは「不明」だとされています。 仮にコラーゲンが関節に現れる症状を改善するとしても、経口摂取したコラーゲンが選択的に膝に向かうとは限りませんよね。また、体内でコラーゲンが産生されるためには、ビタミンCやリシンも必要となります。   膝の軟骨は再生しない…ウソ   軟骨には神経がないと先ほど説明しましたが、軟骨には神経だけでなく、血液も通っていなければリンパの流れもありません。そのため、軟骨は再生されないと考えられがちです。 なぜなら、血液が全身に酸素と栄養を運んでいるからです。ところが、膝の軟骨は、膝の関節包内に滑液が満たされることによって再生することが分かっています。 関節包内に滑液が満たされるためには、膝関節が正常の動作をし、荷重に耐えられる必要があります。そのために、膝の痛みを取る必要があるのです。膝の痛みがあるから軟骨が減る訳ではありません。   人工関節は整形外科の百両箱!? ヒアルロン酸の注射を続けていると、やがて効果がなくなってきます。そうなると、「手術をして人工関節を入れましょう」という流れになります。 手術をして人工関節を入れたらそれで万事メデタシということにはなりません。人工関節の寿命は10年から15年程度なので、そのたびに交換する必要があります。そして、1回の手術には数百万円の費用がかかるのです。   膝痛の本当の原因をしって根本から改善しよう! ここまでの説明で分かるように、膝痛の原因は軟骨がすり減ることではありません。では、膝痛の本当の原因はなんなのでしょう。それは、筋肉や腱、靭帯の緊張により、膝関節の動きが正常でなくなることです。 膝関節の動きを改善してあげれば、軟骨は再生しますし、なにより膝痛をなくすことができます。あいまいな情報や医学的根拠のない記事などを真に受けず、ぜひ当院の根本治療をお試しください。  

整形外科で治療を受けても股関節の痛みが良くならない原因とは?【山梨―ももたに整体院】

    • 山梨の股関節痛

こんにちは。山梨で「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整体院の桃谷です。 「股関節が痛くて整形外科で治療を受けても改善が見られず、いったい私の股関節痛の本当の原因って何なの?何とかして欲しい!」と悩まれている方もいらっしゃると思います。 痛みで足を引きずってしまう・イスから立ち上がるだけで激痛が走る・寝返りを打つと痛みで目が覚めるなど、普段の日常生活に支障をきたす股関節の痛みは本当に辛いですよね。 当院でも、同じような悩みを持つ患者さんが来院されますが改善しているのです。実は今からお話をしていく4つの原因以外にも見落とされやすい重要な原因が潜んでいるんです。 今回は、あなたの股関節の痛みが整形外科を通っても良くならない原因と、当院の考える股関節痛の原因と治療法に関してお話をしていきます。 整形外科があなたに伝える股関節痛になる4つの原因とは? 股関節痛を発症した原因とは? 股関節痛を発症した原因として、お医者さんから次のような説明を受けませんでしたか? ①加齢により軟骨がすり減ったため ②体重の増加により股関節への負担が増したため ③股関節周りの筋力の低下によるため ④生まれつき股関節の作りに問題があるため(先天性股関節脱臼、先天性臼蓋形成不全) あとは、原因不明といったところでしょうか。 たしかに、 「レントゲン検査やMRIでの画像を見たら軟骨が減っていたし痛いはず」 「体重が増え始めてから股関節の動きや痛みが出始めたから」 「運動をしなくなって筋肉は落ちてきたし、それで悪くなったのかな」 「生まれつき股関節が悪いから痛くなっても仕方がないか…」 と、ほとんどの患者さんが股関節痛の原因の説明に納得されると思います。 しかし、考えてみてください。 これらの条件に当てはまる人が全員、股関節痛で悩んでいるでしょうか? 高齢の方でも、体重が100kgを超えている方でも股関節に痛みがないという方は大勢いらっしゃいます。あなたの周りの人でもいらっしゃるはずです。 つまり、上記の4つの原因だけが股関節の痛みを引き起こしているわけではないですよね? 決して、4つの原因を否定する訳ではないのですが100%そのせいではないという事です。これらの原因は1つの要因としては間違っていません、ですので軟骨や体重、筋力は適正にあった方が良いのはたしかです。 では、股関節痛に対する整形外科の治療法を説明しますね。 股関節痛に対する整形外科での治療法 病院での股関節痛に対する治療としては、投薬やブロック注射で痛みを抑えるといったものが主ですね。 でも、ちょっと待ってください。お薬で確かに痛みは抑えられるかもしれませんが、それで本当に痛みの原因は解決しているのでしょうか? それどころか痛みを薬で抑えたまま、これまでと何も変わらない生活を送っていたのでは股関節の歪みが進行することはあっても、改善はしないと思いませんか? 薬が切れて股関節が痛い、痛みを取りたくて投薬する、しかし、また薬が切れて・・・。 こんな悪循環に陥ってしまいそうじゃないですか? あなたもそんな悪循環になっていませんか?     ももたに整体院が考える股関節痛の原因と根本改善施術とは? 先に挙げた原因が痛みの主な理由でないなら、一体何が原因なのでしょうか。 要因の一つに筋膜の歪みがあります。筋膜とは全身に張り巡っている膜のことです。 股関節に関係があるのが、骨盤周辺の筋膜です。骨盤周りは意識をしないと動かしにくいので筋膜の歪みがついてしまいます。 股関節に痛みがある方は、骨盤周りの歪みや筋肉の柔軟性が落ちていることが当院の多くの股関節痛の治療経験から見た、患者さんの原因のよくある特徴の一つです。 そこで、股関節を痛めている原因はどこにあるのか、その人の体の使い方や、股関節にストレスをためてしまっている要因をしっかりとみていく必要があります。 当院では、股関節に負担がかかる原因を、その方の普段の生活習慣や体の使い方、痛みの出るタイミングなどを見極めて、股関節に出ている症状の原因を見抜き、一人ひとりに必要な治療やアドバイスをすることで、根本的な改善を目指します。   今現在の痛みを取ることと同時に、日常生活で負担をかけてしまっている悪いクセを改善し、仕事や日々の活動に支障なく生活を送ることができるか?といった部分に重点を置いて施術を行っていきます。さらに股関節は歩く、走る、階段の昇り降りなど日常生活で大きな負担がかかっている場所です。大切なのは施術を通じて痛みを取り除いた後に、いかに再発をしないかを考えることが重要になってきます。 当院は「痛みを取った先のケアこそが本当の根本改善」だと考えておりますので、施術後のフォローや、長期的なセルフケアの指導にも力を入れています。 決して一人で悩まないでください。一人で悩むより股関節痛の臨床経験豊富な私と二人で考えていけば「股関節が今まで以上に楽になって豊かな生活を送れる」ように全力でサポートします! 今まで通った整骨院や整形外科で股関節痛の改善が見られなかった方は、ぜひももたに整体院へご相談ください。 当院の股関節痛に対する考え方と治療法⇐こちらをクリック 最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。  

山梨決定版!「整体院」「整骨院」「接骨院」など治療院の違いとあなたが行くべき院は?

    • 山梨の整体

こんにちは。山梨で「膝の痛み・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。ケガをしたときや坐骨神経痛、膝痛などがあるとき、どこに行っていいか分からないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、整体院と整骨院、接骨院の違いについて解説したいと思います。あなたに合った治療院を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。   整骨院と接骨院は違うの?   街中を歩いていると、整骨院と接骨院という、似たような名前の看板を見かけることがあると思います。実は、整骨院と接骨院はともに柔道整復師が治療をおこなっている治療院なのです。 整骨院や接骨院は、「骨折・脱臼・打撲・捻挫」に限って、保険診療が認められている治療院です。昔は接骨院でおこなわれる骨折や脱臼の治療のことを「骨接ぎ(ほねつぎ)」と呼んでいました。 そこから、接骨院という名前が生まれたのです。最近では骨折や脱臼の治療は、整形外科でおこなうことが一般的です。明らかに骨折をしている患者さんが整骨院を訪れた場合、整形外科を紹介されることがほとんどです。   整骨院と整体院の違い 整骨院と整体院の最大の違いは、保険が使えるか使えないかということです。整骨院では、骨折・脱臼・打撲・捻挫に限って保険診療が認められていますが、整体院は自由診療となっているため、全額自己負担となります。   また、整骨院や接骨院で働くには国家資格である柔道整復師の資格が必要ですが、整体は民間の資格なので、なろうと思えば誰でもなることができます。整体師以外にも、セラピストや施術家などと呼ばれることもあります。   柔道整復師になるには 柔道整復師になるには、柔道整復師の専門学校にいき、3年間のカリキュラムを終えた後、国家資格に合格する必要があります。ただ、国家資格をとったからと言って、すぐに開業できる訳ではありません。 柔道整復師の学校では生理学や解剖学、整形外科的疾患の種類や治療法については教えてくれますが、経営について教えてくれるわけではありません。 そのため、大手の整骨院グループなどに勤務し、実際の症状を見ることとなるのです。柔道整復師の専門学校に通うためには、3年間で400万円から500万円ほど必要となります。   整体師になるには   整体師には国家資格がないので、開業しようとすれば誰でもできます。ただ、やはりある程度の技術と経営力は必要です。そのため、整体師を育成する学院に通い、施術の仕方や経営の仕方について学ぶこととなります。 柔道整復師の専門学校とは異なり、整体学校のカリキュラムはいろいろです。短時間で整体師になるコースもあれば、じっくりと時間をかけて学べるコースもあります。   整体学校の料金はさまざまで、数万円から数十万円というところもあれば、百万円以上かかるところもあります。詳しいことはホームページの情報を見たり、実際にお問い合わせフォームから質問したりするとよいでしょう。   ももたに整骨院は「整骨院と整体院のハイブリッド」です 整骨院と整体院、どちらを受診した方がよいのかは人によってそれぞれです。整骨院では保険が使えますが、骨折・脱臼・打撲・ねんざに対してのみです。慢性的な肩こりや頭痛、腰痛等は保険適用外です。 整体院では保険が使えませんが、じっくりと時間をかけて症状を見てくれます。ももたに整骨院の国家資格である柔道整復師の免許を持ちながら、整体の施術の「いいとこどり」をしています。 それによって、急性の症状から慢性の症状まで、幅広く直すことができるのです。山梨で不調に悩まされている方は、ぜひももたに整骨院までご相談ください。  

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 6,000

初回限定 1,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り1名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0553-88-9182 0553-88-9182

営業時間 8:30〜19:30(平日)/8:30〜18:00(土日・祝) 定休日(木曜)

ももたに整体院

住所
〒 405-0014
山梨県山梨市上石森1457-1
アクセス
山梨市駅・春日居町駅から車で6分
国道20号線「鷺堂」「両ノ木神社北」交差点から車で10分
代表者
院長  桃谷 俊信
電話番号
0553-88-9182 0553-88-9182

土日祝営業しています。営業時間以外しか来院できない方はご相談ください!

営業時間
08:30~19:30
08:30〜18:00

ソーシャルメディア

LINEにてご予約・お身体のお悩みやご不明な内容のご相談をお送りください。

LINE ID
@als1913z
お友達登録はこちら
border="0" alt="友だち追加" src="https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png">

PAGETOP