山梨で膝の痛みと坐骨神経痛・ヘルニア・交通事故治療で選ばれるももたに整体院の為になるブログ

ももたに整体院

土日・祝日営業しています
山梨市上石森のオギノ山梨店から車で1分

住 所
山梨県山梨市上石森1457-1
営業時間
08:30~19:30
08:30〜18:00

ももたに整体院のブログ

交通事故でのむちうちは治りにくい本当の理由

    • 山梨の交通事故治療
    • 山梨の自律神経
    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市で唯一の「慢性腰痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。 とうとう9月に入って小学生から高校生まで朝の登校をよく目にする機会が増えましたね。9月になると急に「今年もあと4ヶ月かぁ」と少し寂しくなってくるのは私だけでしょうか 今回お話しするのは交通事故についてです。毎年、夏休みになると自転車や車での事故が多発します。私の周りでも8月だけで二人が事故に巻き込まれました。 交通事故でのケガで一番多いものが「むちうち」です。そのお二人とも後方から追突され、むちうち状態になってしまっています。    交通事故によるむちうちについて   一般的にいう「むちうち」は医学用語では外傷性頚部症候群と言い、診断書では頚椎捻挫と記載さることが多いです。 衝突や追突などの外傷で生じた首まわりの痛みなどの症状を一般的に「むちうち」といい、症状は頭痛や手のしびれや脱力感、めまいや吐き気などの症状も含まれます。 「むちうち」の原因 むち打ちの症状は医学分類的に ① 頸椎捻挫型 ② 根症状型 ③ バレ・リュー症状型 ④ 根症状型+バレ・リュー症状型 ⑤ 脊髄症状型   とされていてかなり昔から分類されているものが上記の5つですが 最近ではむち打ちの諸症状は筋・筋膜性疼痛と それに端を発する慢性疼痛症候群と分類されています   筋・筋膜性疼痛症候群とは外傷や疲労、繰り返しの運動による使い過ぎにより筋肉・筋膜内部の血流不足となり手のシビレなどを引き起こします。   むちうちが治りにくい理由   ずばり!!むちうちが治りにくい一番の理由として 症状に合った的確な治療を受けられていないということです。   むちうちは首まわりの外傷ですから①靭帯や関節組織の損傷への治療②疼痛や手のしびれ③筋緊張などの症状に対する治療を分けて考える必要があります。 ですが、大事なのは医療機関に一日でも早く行ってください。  交通事故の治療のポイントとしては、いかに早期に治療をスタートさせるかです。負傷後、1週間以内に病院に受診することは絶対にしておいてくださいね。   仕事や私用で忙しく受診を先延ばしにしてしまうと交通事故との因果関係が医師も関連付けできないので大変なことになってしまいます。   近年、損害保険会社の被害者の補償に対する考え方が著しく厳しくなってしまい早期に症状を改善するように、整形外科と整骨院の通院などの治療計画を立てなければ、まだちゃんと治っていないのに治療が打ち切りになってしまうこともあるのです。   私も、そういう目にあってしまった人をたくさん見てきました。20年、30年以上むちうち症状に悩む方もいます。   本来であれば納得がいくまで治療を受けたい所ですが、無期限で通院できることはできないのが現状です。   ももたに整骨院のむちうち治療   そこでももたに整骨院では「むちうち」の症状を出来るだけ早く改善するために病院、損害保険会社、弁護士事務所と連携し早期に治療を開始するようにしています。   むちうちの場合病院でレントゲン検査を取り診断書を書いてもらってから当院での治療は始まります。   ももたに整骨院と他院との治療の違い   当院では交通事故専門治療で「むちうち」症状を改善させていきます 特筆すべきポイント […]

実は1つじゃない頭痛の種類と見分け方

    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市の「腰痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。   現在、平日は甲府市で治療をおこなっています。只今、来院されている患者さまの中で頭痛が辛くて治療にいらっしゃっている方は何割かおられ、前回は偏頭痛の和らげ方をお伝えしましたが。   今回は筋緊張型頭痛と偏頭痛の見分けかたもお伝えしていきます。   と言いますのも「頭痛はするが、頭痛の種類まで知らない。」   「え?頭痛って1つじゃないんですか??」   と一般的には頭痛の種類を意外と知られていないからです。   頭痛の種類によって、予防・対処の仕方が異なります。 (偏頭痛の軽減法を知りたい方はこちら-偏頭痛の和らげ方)   反対の事をしてしまうと悪化する可能性もありますから、それだけ自分の頭痛の種類を知っておくことが大事なのです。   今回は頭痛の種類と、自分が何頭痛なのか見分け方をお話していきますね。   一次性頭痛と二次性頭痛 頭痛には、一次性頭痛と二次性頭痛があります。 「一次性頭痛は、精密検査をしても原因の見つからない一般的慢性的な頭痛」   「二次性頭痛は、くも膜下出血・脳腫瘍・脳梗塞などの病気によって引き起こされた頭痛」簡単にご説明すると、以上のように2種類に分かれます。   二次性頭痛は、いつもの頭痛と全く違う痛みなのでほとんどの人が病院へ直行されますので、ここでは一次性頭痛のみを取り上げていきます。   一次性頭痛は3つのタイプ   一次性頭痛にも筋緊張型頭痛・偏頭痛・群発頭痛などに分けることができます。 ①筋緊張型頭痛とは? 筋緊張型頭痛とは、精神的な緊張ストレスや目の疲れなどから背中から首までの筋肉がガチガチに硬くなり血行不良になることで起きる頭痛のことです。   肩こり頭痛とも呼ばれ、重ダル痛い、頭が締め付けられるように感じ、後頭部が痛い、目の奥が重痛いという症状が出ます。   我慢すればなんとか過ごせる場合が多く、市販の薬や病院で処方された薬を飲んで対処している人が多いです。   筋肉の血行を良くしてあげれば頭痛の頻度や痛みは早い段階で改善されます。ただし、ほったらかしにしすぎると頭痛になる習慣ができてしまいます。   ②偏頭痛とは?   偏頭痛とは、頭の片側またはコメカミあたりがズキズキした痛みが心臓の拍動と共に出る症状です。 女性に多く、日本に約12人に1人くらいの割合でいます。   目の奥に痛みを訴える人、においに反応する人、閃輝暗点(センキアンテン)といい光を見ると頭痛になるタイプの人もいます。1週間のうち2~3日おこり、時期が過ぎると急に楽になったりします。   偏頭痛薬で対応している場合もありますが、多くは治らず予防薬を飲みながら、激痛の時に鎮痛剤を飲んでいる人が多いです。   ③群発頭痛とは?   群発頭痛とは、特に男性に多い頭痛のタイプですが、頭痛もちの約3%の割合の人がなる珍しい頭痛です。   数年に一度、一ケ月ぐらい頭をカナヅチで叩かれたような激痛に襲われます。しかし急に今までの痛みがウソだったかのように消失します。   ただしまた数年後に激痛に襲われ、これを繰り返すのが群発頭痛です。頭痛の期間に病院で注射を打たれる方が多いです。 […]

何とかしたい偏頭痛の和らげ方

    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市の「腰痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。   今、平日は甲府市で治療をさせていただいております。 その中で頭痛患者さまから、色々な悩みや質問を聞いてみると一番多い質問があります。   「家で偏頭痛が出そうな時や出た時に痛みを抑える方法はありますか?」 頭痛持ちの方ならとても気になることだと思います。   今回は以前にもお伝えした、 偏頭痛の痛みの抑え方をおさらいしていきますね。 ※筋肉の過緊張による頭痛は逆効果になることもあるので注意してくださいね。   家などでできる簡単なセルフケア(偏頭痛)   偏頭痛は、頭の血管が拡張し神経を圧迫することで起こります。 そのため、痛みを軽減するためには拡張した血管を収縮させることが大事になってきます。   ①カフェインを含むものを飲む   カフェインは、血管収縮作用があります。コーヒー・紅茶・緑茶などを飲みましょう。 ただし最近ニュースにも取り上げられているカフェイン中毒には気を付けてください。 カフェインを多く含む飲み物―エナジードリンク・メガシャキ・眠眠打破 これらの飲みすぎには注意してください   ②首、後頭部を冷やす。 冷やすことで、一時期的に血管を収縮させることができます。 急激に血管が拡張されることを軽減し痛みを抑えます   ③暗い静かなところで、ゆっくり横になる。 光・音・匂いなど刺激で、偏頭痛がひどくなる場合があります。 無理せずゆっくり出来る時は、ゆっくりしましょう。   症状がきつい偏頭痛ですが、前兆・予兆期の段階や痛み出す手前でケアをすれば効果が感じられるはずです。   是非一度試してみて下さいね。   ただし、今回お伝えしたのはあくまで偏頭痛の場合です。 筋緊張型頭痛の時には逆に血流を改善させる必要があります。   ですので背中から首までの筋肉の柔軟性をつけてください、 運動・お風呂・ストレッチなどが有効的ですよ!   筋緊張型の頭痛も偏頭痛も改善できた例はたくさんあります。決して諦めないでください。 一緒に健康的な豊かな生活を手に入れましょう。   最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。

同じ姿勢が続く方は肩こり・腰痛に注意してください

    • 山梨の腰痛
    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市の「腰痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。 今回は、同じ姿勢が肩こり・腰痛を引き起こす  をお伝えしていきます。 同じ姿勢で肩こり・腰痛になる原因とは 普段の日常生活の中で長時間同姿勢でいる事は、筋肉をまったく動かすことができていない状態です。 それが顕著なのがデスクワークだと思います。 ・筋肉を動かすことができないと、どのようなことが起こるのか? ・同じ姿勢が長時間続くのは、何故からだに良くないのか? それを分かりやすくお伝えしますね。 筋肉にとって、力仕事などは筋肉を使いすぎて傷めてしまいます。 そして、同じ姿勢が続くのも筋肉にとってはとても負担が大きいのです。 例えば、筋力トレーニングでは大きな負荷を筋肉にあたえ、その筋繊維を傷つけ回復するときに、負荷の環境に順応するため筋繊維が太くなり強くなります。(力仕事もそうですね) 一方、デスクワークなどで同じ姿勢でほとんど体を動かさないでいると、その姿勢を保つための主に体の背面の筋肉の姿勢保持筋が常に働いていることになります。 別の言い方をすれば、すごく弱い負荷の筋トレを何時間もしている状態なんです。これって一見楽そうに聞こえますが、すごくキツいんです。 筋肉が硬くなる理由の1つとして言われているのが、 「姿勢を保持しようとして硬くなる」なんです。 同じ姿勢でずっといることは実は筋肉への負担も大きく、これが肩こり・腰痛の要因になるんです。 同じ姿勢により筋肉に必要なものが不足 筋肉の中にも血管が通っています。 長く筋が緊張をするということは、血管も圧迫された状態になります。 そのことにより酸素と栄養が筋肉へ運び込まれないことになり酸欠状態を起こし、さらに疲労物質も流されなくなります。 疲労物質が残ると肩こりや腰痛を感じる原因にもなるんです。。。 対策としては、 ・トイレや何か用事で立ち上がった時に肩や腰を動かす ・休憩時間に散歩をして足腰を動かす 画期的な対策ではないですが、まずは体を動かすチャンスがあれば動かしてください。 筋肉を動かすことの大切さ 筋力トレーニングは、筋肉に一時的なストレスを与えますが、長い同じ姿勢での筋肉の緊張は、長時間筋肉にストレスがかかってくるのです。 「動かしていないのになんで肩こりや腰痛、足のダルさ出るの?」 と思われる人もいると思います。 でも「動かしていない」というのがすごく体には良くないのです。 動かしていないと、筋肉は緊張し、かつ筋力は低下していくからです。 週に2回くらいは運動する時間をとってお身体のケアをしてあげてください、この小さな積み重ねがあなたの未来の生活を変えてくれるはずですから。 最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。

偏頭痛のサインが出た時の対処法

    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市の「腰痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院です。 今まで拝見させていただいた頭痛で悩まれている患者さんは、ほとんどの方が長年偏頭痛に悩まれている方です。 肩こり・頭痛と言われる筋緊張型頭痛は、運動や筋肉の血流をよくしたら楽になるのに対し、 偏頭痛の方は、何をしても楽にならず、病院に行っても痛み止めをもらうだけで気づけばすでに何年も偏頭痛で悩まれています。 偏頭痛で悩む多くの人が、激しい痛みになる前に、予兆・前兆を感じられることがあります。   偏頭痛の経験がない方は「えー、そうなんだ。」   と思われるかもしれませんが、実はそうなんです。   今日は、偏頭痛の予兆・前兆についてお話していきます。 偏頭痛の流れ 偏頭痛は、脳内の血管の拡張で起こります。(筋緊張型の頭痛とは逆です) 偏頭痛の方のおよそ10%か20%ぐらいの割合で、偏頭痛が出る前に予兆・前兆があると言われています。 偏頭痛は、 ①予兆期 ②前兆期 ③頭痛期 ④回復期 ⑤寛解期 という5つの経過をたどります。   今回はこの予兆期と前兆期を少し詳しくお伝えし、症状を軽減させる方法をお伝えします。 ①予兆期 はっきりしたとした症状ではなく、頭痛が出る半日から数日前におこります。   多くの方が、前日くらいに感じることがあります。   雨の日の前日や、台風が近づいている時はよく患者さまから聴きました。 具体的な異変としては、次のようなことがあります。 ・ダルイ ・気分がすぐれない ・体がむくむ ・眠気を感じる ・生あくびがよく出る   ②前兆期 痛みが出始める1~2時間くらい前に起こります。 代表的なものに、閃輝暗点(センキ・アンテン)と言って、のこぎりの刃の様なギザギザとした青白い光が見え始めたり、急に視野の一部が暗くなったり、視界が遮られたりという症状があります。   とても症状が強く吐き気や嘔吐も出る方もいます、仕事・家事や学校の授業などに支障が出てしまうくらいです。 閃輝暗点は、脳内の視界中枢に向かう血管が、頭痛に先立って収縮が起こり、血流が悪くなることで起こると言われています。 閃輝暗点が30分ほどで落ち着き、そこから一度収縮された血管が一気に拡張されることにより、何もすることもできない程寝込んでしまう偏頭痛がやってきます。 予兆・前兆を感じる人の中でも、感じない時もあります。 患者さまの話だと、予兆・前兆がある時は、いつも以上に強い偏頭痛になることが多く前兆が出始めたら、とても家から出られる状況ではなくなってしまうそうです。 偏頭痛の予兆と前兆が出た時の対処法 予兆・前兆があらわれた場合は、血管拡張をさせないよう ・安静にし、暗く静かなところで寝る ・首、後頭部を冷やす ・カフェイン入りの飲み物を飲む 体への刺激を抑え、血管の拡張を最小限に防ぐように、焦らず冷静に対処しましょう。   台風や梅雨の季節は本当にお辛いと思いますので、いつでも相談にいらしてくださいね。   最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。

台風や梅雨の低気圧が頭痛を引き起こす?

    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市の「頭痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。   いよいよ、台風が出てきましたね今のところ日本にはひどく影響はなさそうですが、心配なのは山梨に雨が降らないこと。。。   さて、台風の季節になると頭痛が出てくる方が増えてきます。 同様に梅雨の時期も増加します。   偶然ではありません。ちゃんと原因があります。   今回は、   台風や梅雨の時期の頭痛についてお伝えします。   台風と梅雨の季節の頭痛 台風の事を爆弾低気圧と言ったりもしますが、 台風や梅雨の時期は、大気が低気圧の状態になります。  この低気圧が頭痛に大きく関係しています。 低気圧とは、空気が薄くなり体にかかる圧力が低くなることを言います。   ちなみに、雨が降るのは低気圧で空気が薄くなり、その上空で冷やされ溜まったものが粒になり雨となって落ちてきます。   低気圧になり体にかかる圧力が低くなると、体の組織が拡張します。   女性に多いむくみも低気圧による影響があります。   血管も拡張し、頭の血管が拡張してしまい神経に圧迫をかけて偏頭痛になってしまいます。    偏頭痛は、血管の急激な拡張によって起こります。   寒いところから急に暖かい所へ行った時や、気候が高気圧から低気圧へ変わった時など。   では皆がそうなるのかというと、そうではありませんよね?   血管の拡張を受けるのに、皆が同じ痛みの偏頭痛を起こすわけではありません。   低気圧での頭痛に個人差があるのはどうして?   少しだけ詳しくお話すると さきほど低気圧になると、空気が薄くなるとお伝えしました。 すると、空気を吸っても体に入る酸素濃度も低いということです。 体には、酸素が絶対必要です。   そして体は、もっともっと酸素を体に送らなければと血管を拡張させ、血流を増加させます。   当然、頭の血管も拡張されます。これが偏頭痛を引き起す原因なんですね。   これには個人差が必ず出てきます。   睡眠・栄養・ストレス・姿勢・自律神経といった外部環境や内部環境によって人の体はそれぞれ違い、偏頭痛になりやすい人なりにくい人と出てきます。   なので生活習慣を見直すことで改善することも可能です。   現に改善された患者さまも京都や山梨で私は見てきました。   規則正しい生活で、少しずつ予防していくことが可能ですがもしどのように見直したらよいか分からない方はいつでも相談にいらしてくださいね。 […]

全く関係がなさそうな頭痛と腰痛の関係って?

    • 山梨の腰痛
    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。山梨市の「頭痛・坐骨神経痛」専門のももたに整骨院の桃谷です。 当院の庭に雑草が生えているのですが、やっかいなのがスギナなんです。 地下茎を伸ばしながら繁茂してきます。だから見えている所だけを抜いても茎が残っていればまた生える。 抜けども抜けども根本の取り除かないと生えてくる… なんだか先日のブログの原因と結果(原因を解決しないと結果である症状が治らない)の話に似ていますね(笑)   私の場合は草引きの時間は10分くらいで終わりますが、患者さまの中には2時間中腰や屈んでて腰が痛くなったという話を時々聴きます。 まったく腰が痛くない人も2時間草引きはさすがに腰を傷めそうですね。 今回はその腰痛と接点がなさそうな頭痛の関係についてお伝えします。   頭痛の時はここを疑え スマホ?ストレス?によって毎日、頭痛薬が欠かせないという女性が増えています。 男性よりもはるかに女性のほうが頭痛に悩まされています。 ただ、頭痛というのは以前にもお伝えしたように 病院でMRIやCT検査を受けても、原因が分からないことが多いです。   検査で異常なし、でも痛い   「もう私の頭痛は治らないんだ…」   と諦めないでくださいね。   ご自身の身体をちょっと広い視野で見てあげてください そんな時腰に注目してあげてください。 全く関係ないように思える頭痛と腰ではありますが、もしあなたが頭痛と腰痛もあるのであれば大いに可能性が膨らみます。 腰痛こそが頭痛の原因になっていることが 考えられます。   頭痛と腰痛のつながり 首や肩から始まる筋肉は骨盤まで繋がっているものもあります。 例えば、脊柱起立筋と言われる背筋を真っすぐ 伸ばすための働きをしてくれる筋肉です。 この筋肉に、カラダに悪い生活習慣が続いて しまうと腰や首・肩の筋肉の柔軟性や血行 が悪くなり、結果、頭へ流れる血行も悪くなり、 頭痛を引き起こすことがあります。   ちなみに、デスクワークで一日座っている姿勢が 多い方は腰や肩周辺の筋肉が過度な緊張状態になり やすいので、この腰痛と頭痛がセットになられている 方が多い傾向にあります。   このように、腰痛と頭痛には 大きな関係があるのです。 全ての人の頭痛が、腰痛の関係があるとは 言い切れませんが、何年も頭痛でお悩みであれば 一度、腰や姿勢の状態が悪くないのか見てあげて ください。 もし問題があって、そこを改善してあげれば 案外早くに頭痛から解放されるかもしれませんよ。   最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。

山梨の寒暖差によって起こる頭痛はここに注意!

    • 山梨の自律神経
    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。院長のももたにです。 私も山梨県へ住みはじめて2年が経ちました。車も山梨へ来てから乗り始めました、車社会の県なのでさすがに車が必要に… 住みはじめて感じたのが春から9月あたりの気候で日中はすごく暑いけど、夜はすごく寒くなるなぁと(盆地だからですか?)、いまだ毛布に包って寝ている状態です(笑) 平日は甲府の患者さまを拝見していますが、やはり夜の寒さの影響か少し風邪気味の方がみうけられます。 今の時期はけっこう寒暖差がありますよね。みなさんも気をつけてくださいね。   寒暖差で体に影響するもの   この寒暖差が激しい季節で気をつけるものとして、頭痛が挙げられます。 ・夜、家から外出しようと家から出たら急に頭部が重く痛くなった。 ・夜、外出先から戻ってきて、ゆっくりしていたら頭がズキズキしてきた。  このような急に頭痛が出てきた経験ありませんか? なぜ頭痛がでるのか? これは、日夜(室内外)の温度差が大きいと起こります。 それぞれ説明していきましょう。 ・夜、家から外出しようと家から出たら急に頭部が重く痛くなった。 筋肉がリラックスしていた状態から、夜になって筋肉が急に冷やされることで筋肉が緊張し硬くなります。 寒さのあまり猫背の姿勢でいるため、首・後頭部の血行不良が起こり、後頭部や頭全体を締め付けられるような緊張型頭痛が起こります。 ・夜、外出先から戻ってきて、ゆっくりしていたら頭がズキズキしてきた。 寒さで緊張していた筋肉が暖い室内に入り、一気に緩みます。すると、血行が一気に良くなり、顔が火照ってくる感じになります。そのまま続くと脳内の血管がどんどん拡張し、神経を圧迫し、偏頭痛を引き起します。 夏になれば、エアコンですごく寒い部屋と屋外との気温の差も頭痛が出やすい環境です。    このように、寒暖の差により頭痛が起きてしまいます。 では、寒暖差があると必ず症状がでるのかというとそうではありません。 自律神経のバランスが大事  本当の原因は、自律神経のバランスの崩れにあります。 血流の増減や血管の拡張や弛緩は、自律神経の交感神経と副交感神経によりコントロールされています。 しかし、自律神経によりコントロールできる温度差は7度~8度くらいまでと言われています。 よって、日夜での寒暖差が増すこの季節、日中と夜の温度差は、7度を超えるので、自律神経が過度に反応してしまいバランスを崩してしまいます。   寒暖差により現われる症状 寒暖差で自律神経が乱れることにより各器官のコントロールが出来なくなり、頭痛、他には鼻水、肌のかゆみ、めまい、咳など 最近よく情報番組でいわれる寒暖差アレルギーとして色々な症状が現れます。 寒暖差アレルギーの予防法 では、その寒暖差をどのように防げばいいかというと ・動脈の通り道である首・手首・足首をスカーフや温かいもので寒さから守る。   ・寒い外から帰ってきてもお風呂などで急に体を温めすぎない   以上にはなりますが、日夜外出されている方は着る服って本当に大変だと思います。今日は薄着?厚着?って悩みますよね。もしも薄着でお出かけでも首に巻くスカーフやストールをカバンに忍ばせておいてくださいね。 もしこのような頭痛が出ていてお困りであれば、一度ももたに整骨院までご相談ください。 最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。

頭痛に対して頭痛薬に頼られているあなたへ

    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは院長の桃谷です。 そろそろ梅雨の季節も到来ですね。5月と比べてだいぶジメジメした天候で、夜も暑くてなかなか寝付けないで疲れもなんだか取れないことないですか? こんな季節に多いのが頭痛です。 本日は頭痛にたいしてよく使用される頭痛薬についてお伝えしていきます。   頭痛薬多用していませんか? 突発的な頭痛が出るとほとんどの方が、頭痛薬を飲まれています。 その中でも市販されるようになった頭痛薬といえば 「ロキソニン」だと思います。 頭痛でいらっしゃるほとんどの方が飲まれています。しかも高頻度で。。。  しかし気をつけてもらいたいのが、 痛み止めであって、頭痛の原因そのものが治るものではない。ということです。 例えば水道の蛇口から水がポタポタと漏れている状態をイメージしてください。 ポタリポタリと漏れている水を、グラスで受けて、コップがいっぱいになる前にまた新しいグラスと交換して。。。 グラスを交換し続ければ水が溜まって溢れることはないですが、 水道の蛇口を「グッ」と閉めないと水はずっと漏れますよね。  ここでいう蛇口から漏れている水が、頭痛です。  グラスがロキソニンです。    ちゃんと根本原因である蛇口を閉めないと治らないですし、ずっと頭痛に悩まされることになります。   頭痛薬の注意点 そして、ロキソニンなどの頭痛薬には副作用があるのもご存知ですか? 使用上の注意欄に、 ①妊婦さん ②15歳未満の子供は、使用しないでください。 と記載されています。 それでも、親御さんが知らずに15歳未満の子どもに渡しているケースもあります。 実際に私が患者さまにお聴きした話で、 病院で処方された「ロキソニン」を余っているからという理由でまだ中学生の子どもにそのまま飲ませたことがある。と聴きました。 私はその場で「痛み止め」のことや身体への影響をアドバイスさせて頂きましたが、子どもさんの身体が大事なら本当にやめてくださいね。 また、病院で処方される「ロキソニン」と薬局で市販されている「ロキソニンS」では効き方が違います。断然、病院で出される物の方が効きが強いです。   頭痛薬を多用すると 頭痛薬を飲み過ぎると、「薬物乱用頭痛」になってしまうことをご存じでしょうか? 飲む回数や量が増えてくると、脳が痛みに敏感になり、頭痛の回数が増え、薬も効きにくくなります。 頭痛薬を飲むために頭痛が出てしまうという悪循環の状態になってしまうのが「薬物乱用頭痛」です。 以下のようなケースに起きやすいと言われています。 ①2,3日に一度は頭痛がある。 ②頭痛薬を週に2回以上飲んでいる。 ③朝起きたときから頭痛がする ④薬をいくら飲んでも頭痛がとれない ⑤偏頭痛も経験したことがある   もし、心当たりがある方で もうこれ以上頭痛に悩まされたくない という方は一度当院までご相談してください。 当院には、頭痛で仕事や趣味のスポーツもできなくなった方が そこから当院で、毎日の頭痛から解放された方もいらっしゃいます。 頭痛のないお体にすることで、今まで我慢していたことや、できなかった趣味を再開された方はたくさんいます。 あなたの頭痛も薬にたよらず、しっかりと根本から解決してみませんか? 最後までお読みいただきありがとうございます。感謝いたします。

頭痛・肩こりの種類と原因って知っていますか?

    • 山梨の頭痛・肩こり

こんにちは。院長の桃谷です。   最近、山梨県を車で走るとコンビニの数よりも整骨院や60分2980円といった、マッサージやリラクゼーションのお店が増え、どなたでも手軽にマッサージを受けることが可能になってきたように思います。   身体が辛い方や日ごろ蓄積された疲れのケアに通っておられるのかと思います。   当院にも頭痛や肩こりの症状を訴えて来院される患者さまは、 保険の効く整骨院、接骨院やリラクゼーションで、何度もマッサージを受けても 「その時は軽くなるけど、その日の晩か夜にはまた同じ状態に戻ってしまう…」   「ずっと通ってるけど全然治らない」   といったことを、カウンセリングの際にたくさんの方からお聞きします。 何人もこういった患者さまを治療させていただいた経験からわかることですが、頭痛や肩こりに対してマッサージをしてもよくならないんです。 ですので、今回は頭痛・肩こりの原因についてお話させて頂きます。もし頭痛・肩こりでお悩みであれば是非読み進めてください。   頭痛・肩こりとは   頭痛の種類   日頃生活していると時々おこる頭痛、人によっては頻繁におきる方もいらっしゃると思います。 一度なるととても辛いですよね。 頭痛の原因にふれ、頭痛の対処方やつきあい方を述べていきたいと思います。 頭痛の原因はいろいろとありますが、病気があるわけではないのに起こる頭痛を一次性頭痛、病気が原因でおこる頭痛を二次性頭痛と言います。 一次性頭痛が皆さんがよくなる頭痛で、首や頭の周辺の筋肉の緊張や、頭部の血管の拡張などによって起こると考えられています。 一次性頭痛は、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の3つに大別できます。   緊張型頭痛 ストレスや長時間同じ姿勢を続けたことなどにより、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことが原因となっています。 痛む場所は後頭部周辺で鈍い痛みが出るのが特徴です。 なので、普段から首や肩のコリがひどい方は比較的この頭痛になる方が多いです。 緊張型頭痛の対策としては、 入浴時に湯船でしっかりと首や肩周りの筋肉を暖めること、ストレッチやマッサージなどで、筋肉の緊張をゆるめてあげることなどがあげられます。 また、普段から長時間同じ姿勢になりがちな方であれば、時々立ち上がったりして、連続で同じ姿勢でいつづけないようにされると良いと思います。   片頭痛 緊張型頭痛についでよくおきる頭痛です。20代~40代の女性に多くみられます。 その原因については解明されていませんが、頭蓋骨内の血管が拡張して炎症をおこしているためではないかと考えられています。 ストレスなどから頭痛になる場合もありますが、女性に多いことから、女性ホルモンが関与している可能性があります。 この頭痛は緊張型頭痛と比べて、ズキズキするような痛みがでたり、光や音に敏感になり、吐き気を伴う場合があります。 片頭痛が起きている時は、炎症をおさえたいので、運動、マッサージなどは極力ひかえて、 痛む部分を冷やし、静かな部屋で横になることをおすすめします。どうしても我慢できない場合は、専門医の診察を受けた方がよろしいと思います。   群発頭痛 この頭痛は男性に多くみられ、症状は目の奥がえぐられるような激しい痛みが出ることです。 目の後ろを通っている動脈が拡張して炎症が起きることで頭痛になっているのではないかと考えられています。 この炎症が起きる原因はわかっていませんが、もしこの頭痛が起きた場合は、自分で対処するよりも、早めに専門医の診察を受けた方が良いです。 頭痛は種類によって対処法も変わってくるので、自分の頭痛のタイプを知って正しく対処できれば、症状も落ち着きやすいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。   一般的な頭痛の原因 日本の疫学の調査によれば、軽い頭痛を含めると日本人のおよそ39%つまり4人に1人は頭痛を体験したことがあるという統計が出ています。 しかし多くの人々は頭痛を訴えているが、画像診断に異常がみれない方は疾患として認められず健常者という扱いとなります。 病院では医学とはあまり関わりのない一般的な説明や医師独自の解釈による説明などがなされるものの、 実際には頭痛の方の殆どは原因が特定されていませんし多くの方はそのまま放置してしまっています。 そして、多くの人は市販の頭痛薬で対処しており、 […]

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

施術1回 通常 6,000

初回限定 1,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り1名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

予約
優先制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

0553-88-9182 0553-88-9182

営業時間 8:30〜19:30(平日)/8:30〜18:00(土日・祝) 定休日(木曜)

ももたに整体院

住所
〒 405-0014
山梨県山梨市上石森1457-1
アクセス
山梨市駅・春日居町駅から車で6分
国道20号線「鷺堂」「両ノ木神社北」交差点から車で10分
代表者
院長  桃谷 俊信
電話番号
0553-88-9182 0553-88-9182

土日祝営業しています。営業時間以外しか来院できない方はご相談ください!

営業時間
08:30~19:30
08:30〜18:00

ソーシャルメディア

LINEにてご予約・お身体のお悩みやご不明な内容のご相談をお送りください。

LINE ID
@als1913z
お友達登録はこちら
border="0" alt="友だち追加" src="https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png">

PAGETOP